源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

稀に見るいい環境

稀に見るいい環境

こういう時は悪いことが起こる前兆と見ていかなきゃならないですし、こうした流れ方
が市場の中では「大事にしたい」という流れんみなります。ですが、勢いというのは凄
いもので、止まりそうで止まらない動きが段々「乗るしかない」という風な状況になっ
ています。それがはたしてという形になっていくのですが、この地合が怖いのは指数が
気にならなくなった時に、物の良いものを売って、動く中味が薄いものに行こうとして
しまっていることなんです。だから、逆向いた時に相当な時間苦しむというふうなこと
になるんですよね。

幸い我々はいい調子で来ていますが、本質的にはまぐれであり、買い玉を少なくして現
金化しています。強いから全部は売れないですが。こうやって投資の金額を減らし不意
な出来事に備えるし資金と株式のバランスを取りながら粛々と機械的に売るもの、勝負
しているものを分けて考えていきます。

明日は木曜日だから今日と同じように行かないから難しいし、そこで好業績物が来てく
れたら楽なんですがね。しかし、安倍さんの立場、ホワイトハウスの状況、北と米の対
話だって、他の人ならともかくトランプさんだから判らないんですよね。



4763 クリーク 4323 日本システム 1850 南海辰村