源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

日本企業の癖

WEB通知機能が便利です。 更新をPCやタブレット、スマホに即座に通知いたします。登録方法はこちら

日本企業の癖

昨日からクレディが買い始めた先物を相変わらずトレンド追随の「売り型」で推移しています。だから、どうしても上値が重く、それはデータからくる22500円の買い付いた重石を良く知っており、これを精神的につぶすような感じで動きます。それは個別で言うと「好業績株」を潰すことから将来への可能性に不安を持ってくる形になっています。

確率論ですが、今期は良いが来期に関して強気を取る企業が少ない日本は、こうした儒教に置いて、世界景気的、電子部品的な企業は「不景気とは思わないが懸念がある」場合に、その動き方としたら、良くて現状維持の次期目標を設定し、予想収益とします。そして為替なども現状ではなく「最悪」を考えるから、気が付いたらマイナス予想という事が多いのです。

企業にとっては後で修正ですが、いつまでたっても下にばかり出していると、増額修正で次期予想が下となるのでして、それではまたも売られるという傾向になります。なんか、うまくやられてる気がしますよ。クレディが今日も買うと本当に変わるんですが。



3937 UBICOM 7196 CASA 4304 Eストアー
11月の大岩川源太の講演スケジュール

2018年11月17日(土)源太塾・源太道場合同セミナー大阪 開催終了

今週22日(木)開催!2018年11月22日(木)EストアーIRセミナー お申込みは、お早めに!