源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

投げきっていない

WEB通知機能が便利です。 更新をPCやタブレット、スマホに即座に通知いたします。登録方法はこちら

投げきっていない

底打ち感が無いNYは、やはり、上がっても伸び切れなく反対売買から下落という形になりました。日本株も今日明日が非常に大きな試練になります。最も、その明日が休みだから、今日の比重がかかり買いたい人は来週まで様子見て、売りたい人は今日中にという形になります。

ですから、少し難しいのは朝のうちに一回下がってくれてそこから上がればいいのですが、そうした抑揚があるかないかなんです。TVでは先週「年末27000円辺りが・・・。」と言ってた人が「21000円もありうる」なんて言葉に変わっていますし、ネガティブな流れには変化はないと思います。

そういう人がそういう行動をとってくれたら底が入りますが、そこに行くには指数が邪魔しまして、個別は買う気が無いが指数は底堅いとなったら、投げきれない状態が続いていく可能性があります。買う気はないが潜在的な売りの要因が貯まるんでして、そうした動き方がこの市場では本当に難しくなって行くんです。

まあ、それ見るには昨日大商いした株式を仕手株でも指数系でも良く見る事で、そこが今日のポイントになっていると思うんですよ。



4662 フォーカスシステム 3927 フーバーブレイン 6758 ソニー
2019年1月の大岩川源太の講演スケジュール