源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

いや、動けないよ。

WEB通知機能が便利です。 更新をPCやタブレット、スマホに即座に通知いたします。登録方法はこちら

いや、動けないよ。

中国がいかに制裁加えても輸出量と輸入量の差から米国にかける制裁は限度があります。だから、最終的に進んで行けば「米国債売却」なんてことも考えながら見ています。というか、一人のことで無くなったから引くに引けない米国の動きは過去の盟主としての威厳も何もなく、公平にという一同等国の発想。それは意味は分かるが、本当に大変な事でして、それでいて購買力をかさに来た脅しに感じます。

こうした状況で株式が制裁発動から反発したのに、昨日のような戻差が出たら、善意い考える人は「下は堅い」と言いますが、実際、運用を考える人は下手に出が出せないと思うんです。そして、投げもやった後だから新規の投げは無いから「動けない」というのが正しいでしょう。

それが個別株で良く表れるのでして、仕手の噂から買うが、傷ついた資金は早い回転で資金作るから、回転売買になってしまい、ある一定から上は買わないし、かといって投げも投げた後だから出ないので、見合いという状況になります。普通は今日もそうなるのであり、朝のうちに外しておこうというのが腹だと思います。

その後からですよ



3441 山王 1926 ライト工 4662 フォーカス