源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

後場からいません

New ! お知らせ 6月24日(木)朝~昼まで、都合により源太お休みを頂きます。各コンテンツが更新されませんので、ご注意ください。

後場からいません

大岩川源太の動画学習講座
「正しい株の基礎」
https://gentajuku.co.jp/w7vm
「受講者の方へ’’限定’’プレゼント企画」
2021年5月31日(月)までの申し込み分まで。
プレゼント企画内容は、
1源太カレンダー「基本解説」動画6月号~11月号
2今回だけのレポート「大岩川源太の資金管理」総合編

二番底を探しに行くか、もう一丁下の水準かと思いましが、週末のレポートで書いたよう
に、前期決算が出そろって異常に高い水準ではなくなっています、ただ、MSCIなどの動き
見ても、外国の企業は株価が上がって、時価総額が増えたのに対して日本株は水準が低
く、MSCIでは日本株が除外されています。

運用の頃に考えていた自分らに課せられた規制が、資本金いくらとか時価総額とかが有っ
て、外国のファンドなどもそこに抵触しているのかと思います。日本株は本能に弱いです
からね。とくに13日に自律反発できなかったう動きで、外資にイニシアチブを美技られた
し、その外資はヘッジファンドの手じまいや来月に迫る欧米年金の中間決算だから、日本
株は需給が悪くなるんですよね。

こうしたマインドが有ったら日本人が頑張れるのに、立会時間の延長や五輪含めた国内の
不協和音がモチベーション下げてきて、動くことに躊躇が生まれたら、仕手材料株だって
いまいちの動きになってしまいます。今日はその集中力が再び戻って来るかどうかです
が、前場から一日は無理なので、後場という感じになります。

ですが、後場から自分はラジオとDVD作成からいなくなるんですよね。なんかいない時っ
て何も無い事が多いのですが、たまに大きく下がったら「いつも下がる」という気になっ
てしまいます。自分もモチベーションさがってるのかと。



7970 信越ポリマー 3040 ソリトン 2163 アルトナー