源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

マインドが弱い

New ! 6月の源太塾セミナーは、6/23(水)夕方収録公開予定です。

マインドが弱い

大岩川源太の動画学習講座
「正しい株の基礎」
https://gentajuku.co.jp/w7vm
「受講者の方へ’’限定’’プレゼント企画」
2021年5月31日(月)までの申し込み分まで。
プレゼント企画内容は、
1源太カレンダー「基本解説」動画6月号~11月号
2今回だけのレポート「大岩川源太の資金管理」総合編

一息つける日ですが、どうもしっかりしないのはNYが下げない状況になっても、日本株の
CMEの状況は昨日の後場の高値近辺であり、回転が全く聞いていないという事なんです。
結城を持って買った人が浮かばれない状況は、非常に不味い感じで、3日もしたらフラス
トレーションがたまるし、この環境でも売り叩かれたら、気持ちが完全に萎えて、この下
落でどこかのファンドが飛んだとか、今晩辺りに米国債券が売られたりしたら、ちょっと
厄介になりますよね。

ポイントの日は無事通過して、やはり市場は変わろうとしているのですが、こうした「底
入れか?」とした場面でも不安を抱える市場は上がったら買いの魅力がなくなるから、早
く売ってしまうという風な、理不尽な対応になってしまうのです。それが非常に苦しく
て、早く利食いしようとするから、仮に上がっても「もうない」「投げてしまった」とい
う風な会話になりやすいと思って欲しいですね。

こうしたメンタルの部分が克服されない限りは今日はやり難くなるし、こうした物が「SQ
のために」という、シナリオでその後軽くなってくれるならば良いと思います。しかし、
外資というのは、僅か三日で自分たちの主様な値段まで下げるんだから上手い物で、先週
の一時的な上げは何だったんだって感じですよね。

AIは心理まで読むようになって来ています。



7717 Vテク 6620 宮越 3040 ソリトン