源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

現状分析

現状分析

「源太」に初心者の人向けに、始まった基礎講座
源太カレンダーの具体的な使い方と基礎
4月開催の動画講座
4/1から4/30までの短期講座
申し込みは:4月10日まで
http://bit.ly/point2021-4

米国などでも中間緩む動きだから、なんか市場外クロスから得た株式の売り方が変わった
のかもしれないと、自分に言い聞かせてから個別株を期待する日。日程で行くと明日のSQ
が一つの目処になるから、今日の個別は短命なのかとか、いつ指数を買うのかとか、考え
ながら見る日なんですよね。

ですが、市場は「動きかけ」が多いからどうしても期待が先行して、思うように伸びない
後場が非常にきつく思え、へとへとになって一日が終わるんです。個人投資家さんは「面
白くない」で片づけられるのですが、我々はそうは行かないから、ラジオの解説者の方や
そのアシスタントさんは大変になります。

「何か言わなくては」という時に現状分析を瞬時に行う作業は大変で、過去の自慢や今上
がっているものを「当たった」という解説は求められてなく、何が起こっているのかとい
う説明に非常に苦労しますし、故に、この株式群が買われる、今後こうなるという見方
は、この市場は本当につらいものがあります。

まあ、結局は半導体などの将来に即した物が根底には続くし、ニュース的なものは短命に
なるケースが非常に多いのも特徴です。今日はそうした物を中心において、材料株との駆
け引きになります。昨日はSQ2日前の常識で突っ込み買いでしたが、明日のSQ以降を考え
ましょう。



6882 三社電機 7717 Vテクノロジー 5334 特殊陶業