源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

日米の差

日米の差

☆「源太カレンダー」トレーダーズショップで販売されています。
https://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=2011404700005

☆ダウンロード版の販売はそのまま。
「2021源太カレンダー」公式販売サイト
https://genta-calendar.site/

NY株の堅調さに比べて日本株が弱いのは、非常事態宣言の効果と影響についてのかんがえかたが、米国とは異なる部分があって、先行き不透明な部分があります。ですが、社会は昨年の春のように「止められない」経済の状況にあり、こうした中、システム化が進む企業は多く、その為にSEなどの技術者はバタバタしています。

だから、何が必要で何が求められているのかという感じになるんですが、根本的には過剰流動性から、資金は多い状況は変わらないでしょう。特に米国は世界から資金が回帰しているし、運用上金利は低い水準だから、この水準でも株価はそう高い水準ではないと言えます。ただ、日本はとなったら消費の落ち込みは昨年春のようなドラッグストアに駆け込む人も少なく、マスク見ても普通に売られている状況。

だから、「始末」を覚えた消費活動は米国のようなISMの数字を好感するようにはならないし、ネガティブ志向が強いから、株式は「上がったら逃げたい」という感じで見ています。だから、買わないが上がったら上がった時の記憶から期待する、「迷い」の状況の中、どこかで換金したいと思っていると思うんです。

まあ、そういう日に個別株で抜け出したら面白いんですがね。



6727 ワコム 7359 東京通信 3323 レカム