源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

ここ思案

ここ思案

ダウンロード版販売開始しました!
こちらは数の制限なしです。
源太カレンダー製本版も平常販売中。
こちらは教材用でもあり数に限りがあります。
「2021源太カレンダー」公式販売サイト
https://genta-calendar.site/
ここから押しが始まると思ってしまうのですが、ここはかじ取りが難しいところ。バブル型の運用になっているから、ここは隙があったら意外に買いに来る週末もあるし、週初のギャップも考えて行かないといけないんです。昨日感じた引け前の上昇はその兆しであって、そこが非常に駆け引きとして厄介な発想になります。

バブル用の投資スタイルは、基本的に過剰流動性が存在した時に、本来は好業績や今後伸び行く株式に集中化する「グロース投資」になるんですが、経済はバブルではないから、相場も限界があるが「資産運用」を金融系の方々が、「株ぐらいしかないや」という事から、所有期間利回りが安定する企業や一定の経済ならば復活できる大型株などに向かう事を指します。

ここを考えないで「バブル」という言葉だけをとらえてしまう人が多く、ここから本当にバブルになって行くと不動産や倉庫使用料、その他物価が上がってきます。そこはまだまだだから、社会はバブルではないが、このままいけば資金が株価を吸い上げてしまうから、日銀やGPIFが買い切っている日本市場はピンポン玉になって行くんです。

そう見るか、一回休むのかが今日の見方で、ケアネットなど好材料出たものがどう動くのかとか、資金が集まらない低位から何か出るのかを見て、資金が生きて来てるかどうかを見定める張り方になります。



4845 スカラ 7567 栄電子 3719 ジェクシード