源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

市場が信じられていない。

市場が信じられていない。

いよいよ始まりました。
製本版は10月26日(月)より先行予約スタート!
数は限定製本だから教材用であり限りあります。
早い目に予約してください。

「2021源太カレンダー」公式販売サイト
https://genta-calendar.site/

鬼滅の刃が主役です。そういう人がいますが、そうかもしれないが、誰かが買わなきゃ上がらない市場。つまり、本当に鬼滅の刃が流行っていて、この株価は安いと思う人はスタートの時ぐらいで、結局は誰かがマネーを動かしているに過ぎないんです。今日は5Gや環境の一角も動きますが、基本的には誰かが買うという風な「キワモノ」が動くケースが非常に高いです。

そこには信用性の高さが大事なのですが、企業の売り上げに対しての予想はあってもとなると、目に見える鬼滅の刃の方がということでしょうか?個人買い主体の方が市場の流れよりも信用できるということでしょうかね?つまり、市場が信用できないから値動きだけが信用されているということになります。こうした流れは本当にめんどくさくなるんですが、自分で将来はという歓声で自分はいいと思います。

何か信用できないですかねぇ?



4845 スカラ 8005 スクロール 9697 HPC