源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

錯覚

錯覚

☆お願い
源太カレンダー2021年版がほぼ出来上がっているのですが、印刷用にレイアウトなどもうひと工夫必要なので、今使い方のアンケート取っています。参加された方は、源太の得意な秋相場用のレポート後日お送りします。よろしくおねがいします。
https://gentajuku.co.jp/

カレンダー解説申し込む方はこちら。
源太カレンダー攻略テキスト「2020年10月号」
https://bit.ly/2S53JyT

NYは堅調ですが、バイデンアクセルが踏み込まれたという感じ。だから、下がっていた株式に買戻しが入っているのですが、なますを吹くという心理がここからは働くし、換金もあるから難しいところ。結局はお金の力学になります。日本株は下がっていなかったので、鈍く映りますが、上がったら買い難いという心理もまた働くから後場がしんどいのです。

昨日や一昨日に「ガツン」と上がっていてくれたら、ここは楽なんですが、後場が閑散だから「伸び悩んだ」という風に映って、もう少し上がったら楽になるんですが、一般株はそこで躊躇します。それが非常に重く感じてしまい、ついつい逃げてしまう現象になって、その現象から翌日高いという流れが出来てしまいます。

でも、自分はその行為は正しいと思いますし、明日のことなんかは判らないと思うから、現実の利益を追う事に一つの理はあると思っています。ただ、市場の変わり目だったから、先日は我慢しても良かったと思うし、そういう時に限ってどこやらの大統領が「陽性」になってしまい、不安心理が高くなったんですよね。

だから、失敗したような気分になって、自信喪失してしまうんですが、ここも機械的に自分は動いていきます。昨日よりも高い位置なんですから。



8739 スパークス 8256 プロルート 4531 有機合成