源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

選挙用

選挙用

カレンダー解説申し込む方はこちら。
源太カレンダー攻略テキスト「2020年10月号」
https://bit.ly/2S53JyT

NYの大幅安でも時間外の日経平均は落ち着いた動き。適度に下がるr程度。昨日ラジオで話したように、日本株は多くの方が売っている状況で日銀が売ってこなければ、需給上では下がるとは言い難く、調整や一時的なショックはあっても本格的に売る材料や需給が生じにくい状況にあります。

では買えるのかというと、そこも難しく良くなるだろうという物を探すという展開です。だから、基本的には買い姿勢なんですが、集中化する傾向にあって、それが今後もずっととは言い切れない部分があります。それは、一気に株価が上がるから「そこまでは」という水準に早く来るからです。

まあ、米国の株安は結局は駆け引きであり、トランプさんが不利なことを証明したことであり、精一杯、元気に見せるためにマスコミに露出することが多く、そこらが厄介な感じです。そして、予算が成立しないのは民主党のせいという言い方で、企業増税を念頭に置く、政策を前面に出すんですよね。

こういったお互いの駆け引きは、同国が今後大丈夫なのかと心配してしまいます。先のTVでもそうですが、年寄りの罵声の言い合いで論議になっていないですからね。



3778 朝日インター 8739 スパークス 3843 フリービット