源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

企業を信じる

企業を信じる

カレンダー解説申し込む方はこちら。
源太カレンダー攻略テキスト「2020年10月号」
https://bit.ly/2S53JyT

確かに大事なことであるのは間違いないし、米国の大統領が世界でも重要な位置にあるのは変わりないと思います。ですが、昨日の日本株の下落を討論会で云々というのは、買い手控え要因であったとしても下げ過ぎというか、違う要因であったと思って良いでしょう。そもそも月替わり商いが異常な状況でしたし、今日は今日で主従的に難しいというのがあったんで、29日の買戻しの上げ過ぎに、NY安などの感覚が加わって、そこに需給でおかしくなるのを狙った先物売りという感じでしょうか?

しかし、クレディスイス辺りの商いは儲かっているんですかねねぇ?強引に買ったり売ったりですが、今年の6月辺りまでは割合市場の動きを反映させていましたが、その後の動き方はちょっと困惑させる雰囲気があります。何のために買い戻して、難ために昨日売ったのか、良く判らないという感じです。

何かの意図や考え方はあるでしょうが、その動きに個人投資家が「終わった」という、表現を使って多く売りたたくのは少し違うと思うんですよね。もう少し、企業を信じて動いてあげたいと思うんですが、まあ、今日は反発でしょうが、都と綱下落の翌日は6月から大概高いんですよね。



2158 ケアネット 4592 サンバイオ 9450 ファイバーゲート