源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

引っ張れるか?

引っ張れるか?

カレンダー解説申し込む方はこちら。
源太カレンダー攻略テキスト「2020年10月号」
https://bit.ly/2S53JyT

ここから指数を引っ張っていけるのかということで、この地合はいつもここまでということが多く、サンヶ月も気がついたら保ち合い。ぼちぼち結果出していかないと市場はイライラしてきます。ただ、こういう日でも主力が安く見えてしまうのは、配当落ちなどの部分が意外に主力では埋まっていないし、関係がない落とされる軽量株式は、非常に健康的に強いです。

だから、ここからその買い気を引っ張り出す日経平均の上げと、好業績株の中間決算狙いが始まったら面白く、2日に向かって良い感じの動きになると面白いと思います。まあ、そのためにはまずは指数に頑張ってもらいたいのであり、ここが大事な数字の始まりだと思います。今までは個別株で自分が儲かればという流れから、運用者がいかに思っているのかとか、安心して貯められる市場になってほしいですよね。

最低今よりか、良くなる企業は多いですから。



9450 ファイバーゲート 4312 サイバネットシステム 3856 Abalance