源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

問題の月替り

問題の月替り

源太カレンダー攻略テキスト「2020年10月号」
https://bit.ly/2S53JyT

個別銘柄は無残な終わり方したものが多く、休みたい日に朝から買うから、そりゃ乱れた終わり方になるでしょう。一方で下がっていた株式も連れ安したものもありますが、総じて頑張った感じはあります。ただし水準は低いですが。日経平均は強くても明日は配当落ちだから、落ち分の先取りしていたらこれまた明日はわからない感じになります。要するに、明日にならなきゃ判らないものが多いということです。

「終わりですか?」のメールが多数。何が始まってたのかは知らないですが、ここまで上がったら流石にと思うのは当たり前で、歴史的な高値つけたものも有ると思いますよ。ですから、この場面は無駄な買いはしない様にとなるんですが、それにしても落ち着いた買いはなかなか回ってきません。明日からは金融機関の後半戦となるわけで、ここで落ち着いた買いをやってきてくれたら良いと思うのであり、どういうタイプに行くのかが楽しみになります。

ただ、本当に夏バテがきつい流れで市場は、少し疲れています。スッキリとした空のような、軽い動きを期待したいものです。



4592 サンバイオ 3856 Abalance 3719 ジェクシード