源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

菅相場

菅相場

カレンダー解説申し込む方はこちら。
源太カレンダー攻略テキスト「2020年9月号」
https://bit.ly/2S53JyT
☆「ただしい株の基礎」募集中。
https://bit.ly/3b4WrC5

この相場アベノミクスから始まった性急な市場が菅さんに変わって温厚なゆっくりした投資に変わったのかもという気がします。とにかく、粘って値幅という感じで早く動けば必ず利食い売りが来ます。ただ、そうした時は日経平均の水準や売りたい強気が交錯しますから、早く逃げたい今までの短期的な人は、じわじわくる動きが弱い時の市場に良く似ているから、ついつい、売却してしまうということがあります。

だから、菅新総裁のようなじっくり待って結果上がっていくような売り買いが大事であって、風が向くまでゆっくりとした我慢が必要なのかと思います。ですから、この市場は本当に成長を狙う、成功を信じると行いった風な信念みたいなものが必要になります。それでいて焦る気持ちが仕手系へと向かう可能性が出てきたりします。

いずれにしても、過去の急ぐ人と成長を見る人の相場になっていくのでして、そうした相場は急激に資金が増えない、じわじわと低金利から来る投資がはじまりやすいと感じるんです。まあ、そういう市場が始まると面白くなってきます。その手替わりが今行われてる気がします。



6572 RPA 9997 ベルーナ 3719 ジェクシード