源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

突き抜け!

突き抜け!

カレンダー解説申し込む方はこちら。
源太カレンダー攻略テキスト「2020年9月号」
https://bit.ly/2S53JyT

NYが突き抜けてくれたからなんとなく良い気分。ただ、向こうだって物色は爬行色があるから日本と同じように皆が儲かっているという訳じゃないんです。NYが少し仏足が変わってきたから日本だって今まで苦労した株式が反転もあるんであって、自分の言う「対角」が生きてきましたよね。公益や素材が動かなかったんですが、先行した期待株に一巡感と次の決算を見極めたいという時間に、バリュー株が持ち直したのは意味があると思います。

巷では、動く株にしか投資出来ない、動くものへ付けと話されますが、実際にはデイトレや目先運用はそうでしょう。ただ、運用学から行けばこの場面は一時的バリュー株、いわゆる対角にソフトが当たり前で、その中でも売り上げの変化が出やすい物へと向かうのはあ当たり前です。

そういう意味ではバフェット氏が商社選ぶのは良い感じで、自分と似た部分がある気がします。資金は全く違いますが。そうした動き方から、今日辺りは好業績でありながら下がっていた株式や売り上げ上元に戻りやすい機械株や自動車なんてのも考えます。広く運用という見方でここは良きましょう。



6616 トレックス 6625 JALCO 2354 YEDIGITAL