源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

後場からいません

後場からいません

8月9月は連動相場。だから、企業大研究会は二か月一緒の募集。
今回は日程も大事になるから、源太カレンダー解説も付けます。
8月と9月「企業大研究会」動画セミナー
https://bit.ly/3l1A0TB
お申し込み期限:8月26日(水)21時まで

カレンダーだけ申し込む方はこちら。
源太カレンダー攻略テキスト「2020年9月号」
https://bit.ly/2S53JyT

さて、ここで切り返せるのかという状況ですが、面白いのは日本の株は個人が否定的なポジション取るのに比べて、NYは多くの人がオーバーウェイトに傾けています。オプションなどから見るプットコールレシオは過去から調整が入って来たところまで上がっています。弱気の多い日本の投資家が今後、日本が上がらない理由に、強いNYを感じながらのNYの危険性をを引用してくるんですよね。

いずれにしても今週は大きな分岐点になると思いますし、上がるとしたら何かと考えます。そうした時に好業績が上がらない、金融相場で仕手株が上がらないという風な感じならば、こりゃ駄目だってことになるのでして、今週は先々週の上抜けが騙しなのか、本物なのかを見分ける週です。まずは何が動くかよく見ましょう。

こういう時に自分は男らしくないから勝負はしないで、持ち玉を入れ替えたり、不安定なものを外したり、好業績で売られたものをゆっくり買いそろえたりという考え方を行っています。いや、大事な時だから自分は無難な作戦の安全策を取りますが、それって非常に卑怯で、それが自分の持ち味なのかもしれません。

全部は信用しにくい世の中ですし。



9889 JBCC 3937 UBICOM 3667 エニッシュ