源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

手持ちが重い

手持ちが重い

カレンダー解説動画「8月号」
https://bit.ly/2S53JyT

市場は下げそうで下げないということは、売っても下がらないということであり、相当な資金が根底にあるというのがあります。しかし、個別株は下がっていくから、手元の気分が悪く、個人投資家の弱気がよくわかります。だから、「夏枯れ」という状況になったら、個人投資家はいてても運用者や画人が少なくなるから、下がる可能氏だってあるし、買うとしたら外資は指数だから弱気している個人が多い材料株は良くはないですよね。

そうした動き方から見た流れは、決算発表が悪いのが出ても一定のところで止まるものが多いし、不安要素って色々あるが、こうやって片付いていくと日経新聞の週末の勇敢にあったブラックロックで10兆円という資金の増加が非常に効いてきます。金融相場は人がいないと急に下がるんですが、理由無しに買いが入るからタイミングが難しくなります。

だから、素直に強いものへと付くのが良いのですが、時間を捨てて良いものだったら誰かが評価するという、昭和感覚ってのが必要だと思うんですよ。そうした中から少しずつずれていく物色をよく見ることで、資産価値が判り始めたら少しバリューに来るかも知れないですね。自分はそれでいいと思うんだが、ここはなさりそうで粘る、手持ちだけ重い嫌なところです。



3799 キーウェア 3796 いい生活 8086 ニプロ