源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

豪快な強さ

豪快な強さ

「カレンダー解説動画6月号」販売中!
☆限定企画☆
源太式バイオリズムの基本形を動画公開
「指数・個別株、何にでも応用!バイオリズムの基礎!」
受付開始しました!https://bit.ly/2S53JyT

昨日の上げはすさまじく、引け後からの動きも豪快なもの。久しぶりに体験する上げですが、バブルのスタートの時にこういう感じで、机上とは違う上げで皆が翻弄された記憶が有ります。米国の投資家は「リスクオン」という形になったら、本当に強気で経済はV字回復と考えているようです。

自分は持ち玉を半分にして金融株中心にバリューを核にして、行き過ぎた売り銘柄や好業績でも下がった株式を中心に押さえていますが、こういう投資は地味ですがこういう市場では堅くれます。巷で「当たった」「上がった」と言いますが、諸先輩の多くは「当たった」よりか「当たり前」という言い方に変わって来たように、やっぱり下げ過ぎていたというのが普通の解釈でしょう。

上げ過ぎた軽量株に対して確認の時間が必要だったり、景気が今が底で今後は悪くならないと普通考えられる動きに対して、バリュー株の売られ過ぎを買う市場ですが、今日辺りから、また押した株式を組み入れ、上がった金融株を半分売るように考えています。週末前だから個人の多い個別株は弱いから、不当に下がっていた株式を買う流れと押した有望株という感じですよね。

バリューは持っていても良いけど、やっぱり芸風が違うという気がするから、半分にします。地味ですがこうしたポジションコントロールが大事な市場です。



3981 ビーグリー 4571 ナノキャリア 3719 ジェクシード