源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

商い月内最終

商い月内最終

「カレンダー解説動画6月号」販売中!
☆限定企画☆
源太式バイオリズムの基本形を動画公開
「指数・個別株、何にでも応用!バイオリズムの基礎!」
受付開始しました!https://bit.ly/2S53JyT

ここ最近月内最終商いが意識されたことはないのですが、明らかに買い戻しできた市場は、今日で切れるとした考え方があります。ただ、根本的にはすでに月内で終わるならば修正なんで、ここでは外務員さんの手数料稼ぎというか、そういう昔の感じはあっても指数全体は難しいともいます。むしろ、ここから上は3月下がりはじめた時に一気に下がったから、現物の買いがどーんと入ったところだから、その換金とかが有って一服はしても仕方がないという考え方の方が自然だと思っています。

だから、考え方はここで指数を見ていくか、それとも換金が激しい下げを狙うという流れで、自分としたら迷ってしまいますよね。こうした時に前場からいつになく上がってきた株式が気になるのでして、この相場が強いのはなんだかんだ言ったって戻ってきてくれるということなんです。だって、売りそこねても上がってくるって、強い時しか現れない現象で、そのまま下がって「ああ、利食いだったのに」という会話が増えるのが普通なんです。

そういう流れを生かした感じで進んでいこうともいます。



4551 鳥居薬品 4425 KUDAN 7519 五洋インテック