源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

株価を信じていない

WEB通知機能が便利です。 更新をPCやタブレット、スマホに即座に通知いたします。登録方法はこちら

株価を信じていない

臨時募集!
今回は2回ある企業大研究会。前回間に合わなかった方から
どうしてもと言われたので、臨時で2日間だけ募集します。
前回の研究銘柄は下にあります。まあ、銘柄見るんじゃなく
この時期の考え方です。
https://bit.ly/2zWdfxy

「カレンダー解説動画6月号」今日から販売!
https://bit.ly/2S53JyT
☆限定企画☆源太式バイオリズムの基本形を動画公開
「指数・個別株、何にでも応用!バイオリズムの基礎!」

市場は強いという感覚があっても、会社を信じないのではなく、株価を信じなくなった雰囲気。ですから、基本的には逃げ腰で上がると強気なんですが、少し止まったら売りが売り呼ぶような感じになります。ですから、荒いんですよね、動き方が。だから、非常に微妙な心理で強くなったり下がったりという、ギクシャクした雰囲気になってしまって、強い市場と素直に言えなくなってきます。

だから、アンジェスやテラのように値動きを信じられ物が動くのであって、その感覚は持っている人は全く怖くはないし、明日もNYが下がったって関係がない、この会社の独自の力で動くという気で見ています。外から見たら怖い部分もあるんですが、仕方がないですよね、持っている人の強みです。市場の牽引役になっていますしね。

ただ、自分はそういう信じられる株式を持つのは構わないですが、総体的にはキャッシュポジションを高めて、次お展開を待っています。つまり、金額少なく行くから少しやんちゃなものの比率が高いのですが、そういう売り買いだって面白いと思うんですよ。今は多くの人が余裕あるから買いに来ますが、先日の大幅に下がったときにいくらまで減少したかを思い出してその金額ぐらいしか買わないようにしています。

だから、粘るものは粘るのですが、まあ、こうした地味な感じが今までこの世界にいられた要因だと思うんです。



4490 ビザスク 7073 ジェイック 4446 LINK-U

源太塾セミナースケジュール 2020年6月

準備中