源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

市場の変わり目

市場の変わり目

受付開始しました!
「カレンダー解説動画」https://bit.ly/2S53JyT
☆限定企画☆
三ケ月一度に申し込まれたら、ポイントの日を割り出す
「源太式バイオリズム」の基本形を動画公開。
「指数・個別株、何にでも応用!バイオリズムの基礎!」

『ただしい株の基礎』講座生徒募集中。
 https://bit.ly/3b4WrC5

基本的な市場のシステムから景気の底打ちが見え始めたら株式は上がって行くのが当たり前。しかし、株式の場合その市場の性質によって大分違います。今回は金融相場だから、ここでもう一丁上がったら市場は「確認」作業に入るので、一回押し目作ります。昨日のNYなんかもその例であり、ラジオで話す21000円台の重みは一般的に「もう大丈夫だろう」と思ったタイミングで、その時の商いから相当なしこりが有ります。皆さんの手持ちも「もう一丁」欲しいんだと思います。

多くの解説者がさも当然のように「上がると予想した」という表現を昨日から使い始め、正直な方は先週末まで気迷って今週からと言います。酷い人は3月から見抜いていたと言いますが、そういうのではなく両者言い分はあるが、シカゴ投機筋はじめとした先行型運用者だとか、この下落過程で上手く行った投機筋は、原油はじめ売りの感性が強いから、売りに偏っています。だから、金融相場は上がるのでして、買いは引っかかった状況ですが、売りはいずれ買い戻すという「担保」が有るんです。

そういう状況で皆が買いに来たら、ここは一回は確認作業が必要で、今日は月の20日と思えば、明日からは少しニュアンスが違う相場になると考えるべきです。



8023 大興電子通信 8515 アイフル 3919 パイプド