源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

グロース投資の範囲内

グロース投資の範囲内

「カレンダー解説動画」https://bit.ly/2S53JyT
☆限定企画☆
三ケ月一度に申し込まれたら、ポイントの日を割り出す
「源太式バイオリズム」の基本形を動画公開。
「指数・個別株、何にでも応用!バイオリズムの基礎!」
お申込み開始は5月20日からです。

『ただしい株の基礎』講座生徒募集中。
 https://bit.ly/3b4WrC5
一目良い抜け方しましたが、これは金融相場的な抜け方で、運用者の動き方がこの場面では重要になります。ですから、抜けたとしてもここは安心できる物ではないです。実際に経済活動は回復していないのですから。だから、逆に言えば日本株の時間外が少し物足りないのと、後は雑多な個別株の動き方が大事になります。

こうした上がっても警戒するのは、先週末に売り方買い方、ほぼ同じような人数の強気弱気だった訳で、買戻しは有っても新規で仕掛けるには、グロース的発想から見て行くのが常で、底は抜けきっていないと思うんです。そうした感じがバリューから来るようになったら底打ちでしょうが、ここは駆け引きの段階と言えます。

昨日夕方の記述で「ポイントの日」を今日と記載してご迷惑をおかけしましたが、実際カレンダーでは昨日いなっています。ですが、「源太カレンダーの解析」ビデオでは、昨晩から今朝にかけて、つまり、海外の動き注意としています。だから、時間的にはぴったりという事で、まだまだ運用者的な側面が強いという事がはっきりします。



1813 不動テトラ 8023 大興電子通信 4490 ビザスク