源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

弱いと形が見えてくる

WEB通知機能が便利です。 更新をPCやタブレット、スマホに即座に通知いたします。登録方法はこちら

弱いと形が見えてくる

『ただしい株の基礎』講座生徒募集中。
 https://bit.ly/3b4WrC5

ここは他人の動きなど関係なく、人から聞いたm例柄が気にいらないならばすぐ売るとか、買わないとか処分優先で行くべきで、買ったら他人がどう言おうがどう思ってもきっちりとした自分の動きをしていくということ。市場が高い位置にある時に自分は結果的に上がっても、上値にはっきり行くというような条件があれば良いですが、中期長期以外は目標株価を半分ぐらいまで下げます。ここで無駄な引っ掛かりはしたくないですから。

ここ見ている方でも不思議なのは、その日に書いて下がった銘柄ばかり聞かれる方がいますが、多分いやっ見なんですが下がった株式をいつ買うかも良い勉強だと思うんですよね。上がったら何も言わないから持っていないのだろうと思いますが、典型的なのが7715長野計器や6563日総工産ですが、決算とか上手く使うと一気に上がります。決算嫌う流れもありますが、逆にこうした物も出て来たり。それは見方と時間軸であり、運も加味されていますよね。

まあ、結局は好決算すでに発表して下がったもののほうが楽だからそうしますが、そのタイミングはその買い主体が運用者なら彼らの動きで、外人なら外人の動きで。そうした時に「何故買うか」の時点で誰に合わせているかで動き方は全部違います。昨日は枠を開けたんで今日下がったら買いますが、逆に上がるならば今は粛々と枠を確保していっています。



6625 JALCO 4438 WELBY 2038 原油ブル

源太塾セミナースケジュール 2020年6月

準備中