源太LIVE

大岩川源太の運用理論の全てを知る

投げられるもの

投げられるもの

稀に見る好環境の市場は、ついつい大ダンビラ振りかざします。言えることは、不安がない市場じゃないというこの環境から我々は指数を捨て、大きく溜まった資金が個人投資家らしい材料株にどっと流れてきたんです。だから、儲かった人が多くなってその水準は1月の最高の状況が一気に変わったと言っても過言じゃありません。

それは普通のものが動かないから、動く新技術から始まってバイオなどは答えがないものだと考えるべきで、そこに期待と想像がまともに来た相場で、意外に地味ですがここからも多くの上昇銘柄が出たし、切る人も増えたから新陳代謝が進んだ市場なんです。

しかし、その投げるものが動かないという理由だけで好業績や配当物が多いのです。明日ぐらいは少し系にまとも向かう可能性や流石に疲れる材料株なんて考えが出るんだから、今日の後場からの物色は注意しましょう。安倍さんやホワイトハウスなんかも気持ちが悪いから手持ちの質少し変えます。



3799 キーウェア 4323 日本システム技術 4597 ソレイジア